木山行政書士事務所
広島市佐伯区美鈴が丘南1-9-4
TEL/FAX 082-929-0521
E-mail (メーラーが作動します)
トップ > 個人のお客様

個人のお客様

木山行政書士事務所では、次のような業務を専門としております。なお、このページでご紹介していない事項につきましても、お気軽にお問い合わせください。

契約書・示談書・合意書の作成

契約、示談、合意を行う場合は、その内容を書面に残しておくことにより後々の紛争予防になります。

当事務所では、これら契約書の作成や、発生したトラブルについて協議が整っている場合には、示談書・合意書等の作成のお手伝いをさせていただきます。

公正証書の作成

『公正証書(こうせいしょうしょ)』とは、公証人が権利義務に関する事実につき作成した証書です。

公証人とは、元裁判官などの法律の超プロフェッショナルです。法律の超プロフェッショナルが作成するわけですから、公正証書には、強い証明力があります。

たとえば、契約の相手方が「そんな契約をした覚えはない」と言い始めても、公証人(元裁判官などの法律の超プロフェッショナル)が、「当事者はまちがいなく契約(または合意・示談)をしました」とお墨付きを与えてくれる(裁判で証言してくれる)ので、公正証書の内容が嘘であると主張するのは至難の業(つまり、強い証明力がある)といえます。

また、一定の要件を備えた公正証書には、執行力(裁判をしなくても強制執行ができる力)がありますので、将来の紛争予防に大きな効果があります。

公正証書に関するご相談は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。

内容証明郵便作成

内容証明郵便とは、何年何月何日に誰から誰あてに、どのような文書が差し出されたかを謄本(コピー)によって証明することができる郵便で、後々のトラブル防止(言った言わないの水掛け論の防止)や、契約後のクーリングオフには有効な手段です。

当事務所では依頼者の意思に基づき、文書作成の代理人として法的効力が生じる書面にとりまとめ、内容証明郵便の作成をお手伝いさせていただきます。

任意後見・法定後見

高齢化社会となり判断力が鈍ったり、無くなったりされた方をバックアップすることのできる仕組みです。当事務所にご相談ください。司法書士と連携して家庭裁判所へ審判の申立て等を行います。

生活保護申請

憲法にもあるように国民は"健康で、文化的な最低限度の生活を営む権利"があります。いろんな事情で生活困難になった方をサポートし自立を促す制度です。当事務所にご相談ください。

農地に関する手続き

当事務所では、農地法に関する手続のお手伝いをさせていただいております。

● 農地に家を建てたい、駐車場にしたい

農地に家を建てたり、駐車場にしたりするには、農地転用の許可申請をする必要があります。農地転用とは、農地を農地以外のものにすることです。具体的には、農地を住宅地・工場用地・道路・駐車場・資材置場等にすることです。

● 農地を売買したい

農地の売買をする場合にも許可が必要です。

● 農地以外の手続き

農地以外の土地に関する手続き(開発行為許可申請手続、里道・水路の用途廃止及び売払い手続、官民境界確定申請手続など)につきましても、お気軽にお問い合わせください。

自動車に関する手続き

当事務所では、自動車に関する様々な手続のお手伝いをさせていただいております。

● 車庫証明

車庫証明については、平日に警察署へ2度以上行く必要があります。仕事等で忙しく、なかなか時間の余裕が無い方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

● その他、自動車に関すること

その他、自動車に関する様々な手続も併せてご相談ください。

交通事故関連手続き

当事務所は、当事者(加害者または被害者)の依頼に基づいて、次の業務を行います。
(1) 交通事故にかかわる調査や保険金請求の手続き
(2) 損害賠償額算出に供する基礎資料の作成、損害賠償金の請求までの手続き等
(3) 示談書の作成代理(加害者、被害者双方間で示談が成立している場合)。
(4) 告訴状の作成

交通事故に遭った際は、できるだけ早くご連絡ください。早い段階から専門家がサポートすることにより有利に物事が運びます。

当事務所の代表は、交通事故協議会に所属し、交通事故に関する知識の研鑽努めております。交通事故に関するお悩みは、お気軽にお問い合わせください。

※ 当事務所で取り扱うことができるのは、行政書士が取り扱うことができる業務範囲に限ります。

告訴状、告発状作成

犯罪被害者の方が警察署に提出する告訴状・告発状の作成・提出を支援いたします。

個人のお客様の報酬規定は相続・遺言サポートセンターさくらの報酬規定をご覧ください。